トップ画面

最終更新日
2020年6月10日

アクセスカウンター

 

 

漢字変換

全指相対指運法の威力

 

目から鱗!

タッチタイピングの習得の目的は、速さではなく、
モニターを見ながらの操作を
身につけることである


キーの位置や配列を覚えなくてもよい
ローマ字綴りを知らなくてもよい
Shift キーを使用しなくてもよい


それでも、短期間で確実に習得できる究極の訓練法があった !

 

 

タッチタイピング実践練習

どうして、キーボードを見ないで
操作できるのか なぜ ?

かな文字に対応した打鍵手順を、
根気よく繰り返し行うことによって、
その手順が「手続き記憶」として、
「大脳基底核」に蓄積されます。
この蓄積された打鍵手順は、
文字(言葉)を認識する同時に、
キーを探す等の思考を伴なわないで 、
素早く指先に伝達され、
記憶された打鍵手順に従い、
即座にかな文字を表記してくれるのです。

 

 簡単、かつ、短期間で、 手続き記憶が身につく

  究極の「全指相対指運法」

       【極意1】「起点がブレる」と「全て」がブレる

       【極意2】「指の動かし方」こそが、「文字」である

       【極意3】 単純な繰り返しこそが、「癖」となる
                


日本語の特徴



 パソコン時代になって情報発信の主体が個人がなってから欧米の表音文字圏では、タッチタイピングはあまり重要視されていません。

 我が国ではタッチタイピングと云うと「速いタイピングができる」とか、「格好良い」と連想を伴い、推奨されてきました。しかし、世界でも特異な文字表記体系の日本語に目を向けて見るとタッチタイピングには以外な世界が開けてきます。

 「表意文字文化圏」でのパソコンでの文字入力には「モニター」が欠かせないのです。それゆえ、タッチタイピングを身につける最大の目的は、速さや格好ではなく、「モニターに専念できる技能を身につける」ことなのです。

 欧米をはじめ多くの国々の表記体系は20数個からなる「表音文字」で構成されています。このため、打鍵、即、印字が可能なタイプライター文化が発達しました。云うまでもなくタイプライターには印刷機能はありますが、モニター機能ありません。

 一方、日本語の表記体系は、世界でも稀な表音文字の「かな」と表意文字の「漢字」が混交していて、非常に複雑です。「かな」文字の数は150近くあり、漢字は数万とも云われています。このために、欧米のようなタイプライター文化が芽生えることがなかったのです。

 しかし、モニターがパソコンに搭載され、事情は一変しました。タイプライターでは表記できなかった漢字も「かな」を介して可能となり、和漢混交の複雑な日本語も「文字変換」機能の搭載により簡単に表記できるようになったのです。この「文字変換」機能はパソコンにモニターが搭載されてこそのことで、日本語処理には「モニターが欠かせない」のです。表意文字文化圏の宿命と云えます。

 キーボードの見ないでの操作は、タイプライター時代に手書きの判読困難な書面に専念するために、開発された技法です。パソコン時代の今日では文書作成は各自が直接タイピングするようになり、「表音文字文化圏」ではその必要性も薄れましたが、我が国のような「表意文字文化圏」ではモニターを見ながらの操作に専念しなければならないのが宿命です。

 モニターを見ながらの操作を習得することは、「表意文字文化圏」でこそ、計り知れないほど絶大な威力を発揮します。是非身に付けておきたい技能なのです。


タッチタイピングと全指相対指運法


「全指相対指運法」の習得は、
即、タッチタイピングの習得である

 「タッチタイピング[触鍵法(Touch typing)]」とは、「視覚に頼らないで、キーボードを操作する方法です。

 ところで、「視覚に頼らないでキーボードを操作する」には、指の相対移動に依存するしか方策がないのです。このことに気づいたタイプライター時代のタイピスト達は、指を動かす起点(ガイドキー)を決め、この起点から相対的に指を動かすことで、手元を見ないでもキーボードの操作ができ、判読困難な手書きの書面に専念することができたのです。
 その後、「ガイドキー」はホームポジションへと発展し、全指を駆使して、全く視覚に頼らないキーボード操作が可能な「全指相対指運法(All-Finger Method)」と云う究極の操作法へと進化発展しました。

 この「全指相対指運法」を習得することこそが、取りも直さずモニターに専念できる「タッチタイピング」を習得ことに他ならないのです。「速さ」については、特段の練習をしなくても必然的に向上するのです。


全指相対指運法習得のための三つの極意


【極意1】「起点がブレる」と「全て」がブレる。

相対指運の宿命は、
起点がブレれば
その先は全てブレることです

 下記の図は、キーの配列を直交にしています。赤色は左手、青色は右手のホームポジションの位置を示しています。矢印は、ホームポジションから各指の移動する方向です。

直交配列

 起点は相対指運法の基本です。「打鍵する一連の操作手順」の起点となる「ホームポジション」を確実に身に付けることがタッチタピング習得の第一歩です。

 アンカーキーの利用:

 ホームポジション上の何れかの指(小指、または、人差し指)をアンカーキーとして残し、指の屈伸を利用して打鍵する技法で、ホームポジションが常にに保持されているために、打鍵後直ちにホームポジションに戻すことができます。短期間でホーム ポジションの位置を会得することができますが、指の屈伸には不自然さがあり、最初のうちは指が釣る等の欠陥があります。
 しかし、ホームポジションを感覚的に身に付けた段階では、強いて、アンカーキーを確保しなくてもホームポジションを確保できるようになります。


【極意2】「指の動かし方」こそが、「文字」である

パソコンで文字を書くことは、
キーを打つことです。
打鍵する手順こそが、文字なのです。
一連の打鍵順序は、
文字を筆記で書く時の
「筆順」に相当しています。

 ローマ字入力法では、かな文字表記に「ローマ字綴り」を利用しています。この組み合わせの打鍵順序が「かな文字」の筆順であり、「文字」そのもなのです。

 ローマ字入力法の最大の特徴は 「Shift キーを使う必要なない」ことです。しかも、わずか26個のアルファベット文字の組み合わせで、150数個のかな文字を表記でき、このかな文字を利用して、何万とも云れている漢字を表記できるのです。

 

Qwerty_配列

 参考事項

 「JISかな入力法」では、基本的には1ストロークでかな文字を表記することができますが、キーの制御範囲は、キーボードの全面に亘り、また、濁音、半濁音は「Shiftキー」を併用した3ストロークの打鍵となります。日本語で多用される拗音表示では、「Shiftキー」を併用した4ストローク、または、5ストロークの打鍵となります。 云うまでもなく、「Shiftキー」を併用は指の負担が大きいのです。

ローマ字入力法と全指相対指法は
相性が抜群によい

 ローマ字入力法と全指相対指法とのキーの制御範囲が同じなので相性が抜群に良いのです。

 各文字に対応した相対指運法による「一連の指運び方」を「かな文字の筆順」として身に付けることがタッチタイピング習得の第二の極意です。

 ローマ字入力法では、アルファベット文字を母音と子音の組み合わせで「かな文字「を表記します。

 母音の「a、i、u、e、o」、と、「拗音」表記に多用される「や行」の「ya、yu、yo」はかな文字表記の基本要素です。


   具体的に説明しますと、各指を「ホームポジション」上に置き、

   左手の小指をそのままの位置で、打鍵すれば、「あ」の入力が
   右手の中指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「い」の入力が、
   右手の人差指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「う」の入力が、
   左手の中指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「え」の入力が、
   右手の薬指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「お」の入力が
   できます。

あ行の入力_指雲

 特筆すべきことは、アルファベット文字の配列を覚える必要はないのです。あくまでも一連の指の動かし方で文字を覚えるのです。かな文字のローマ字綴りを考えながらキーを探す行為は、かな文字表記の一連の指運びを断絶してしまい、アルファベット文字の入力練習になってしまうのです。云うまでもなく、キーの配列や指の分担領域も覚える必要はないのです。


【極意3】癖も躾けも同じ穴の狢(むじな)

タッタッチタイピングは
体で覚える「手続き記憶」で、
一種の「癖」を身に付けることで、
躾けに他ならないのです。

この手続き記憶は繰り返しの行為によってのみ獲得される能力です。

 俗な云い方ですが、「癖」と「躾け」は「同じ狢(むじな)の穴」なのです。「癖」と云うとあまり善い意味では使われることはありませんが、「躾」と云えば聞こえが善いです。いずれも、同じ手順を繰り返し繰り返し行った結果として身に付くものです。無意識に、あるいは、意識的に同じ手順を繰り返し行うことにより、その手順が「大脳基底核」に記憶されるのです。言うまでもなく、積極的に繰り返し行って方がより短期間で身につけることができます。このような記憶を「手続き記憶」と云います。この手続き記憶は、必要な刺激に対応して、無意識に、しかも、瞬時に手足に伝達され、目的の行為を実行するのです。この単純な繰り返し練習こそが、タッチタイピング習得の第三の極意です。

 「癖は無くて七癖」と云います、大脳基底核に記憶された「手続き記憶(癖)」は、本質的に無意識に出てしまうので、簡単には払拭できないのもです。そう云われてみればと、納得できるのではないでしょうか。
 なお、この「手続き記憶」は知識の記憶とは異なり、生物が生きる術としての経験によって蓄積される掛け替えのない能力なのです。

 


実践練習を始めるに当たって

ホームポジションは相対指運法の要
「ホームポジション」を短期間で身に付けるために
アンカーキーの利用をお勧めします。

アンカーキー_U

アンカーキーを利用した母音の『う(u)』の打鍵例

 「アンカーキー」を利用する目的は、短期間で、相対指運法の要である「ホームポジション」を感覚的に身に付けることにあります。この特殊なテクニックは、「ホームポジション」を体で覚えるための一手段であって、あくまでも、短期間の特殊なテクニックです。
 打鍵する直前には、必ずアンカーキーを確保するようにしてください。
 当然ながら、慣れない指使いですので、打鍵時にアンカー(指)が浮いてしまっても差し支えないです。
 操作に習熟してくると、意識しなくても、腕、手首、や、指先の感覚でごく自然に「ホームポジション」をキープできるようになります。


表示文字列を見ながら

 文字を筆記する時は、常に、その筆先を見ながら筆記します。パソコンでの日本語表記の筆先はモニターに表示される文字そのものなのです。この筆先を常に見ながら操作すると、短期間でモニターを見ながらの操作を身に付けることができます。

 表音文字である欧米の文字の筆先はキートップに刻印されている文字なので、必ずしも、モニターに表示される文字を見ながら操作する必要はないのです。


1。入力操作に先立って、文字の筆順をイメージする。
2。モニター上に表示される文字を見ながら操作する。

  ★打鍵結果は、モニター上に即時に表示されています。
   常時監視する習慣をつけて下さい。

3。ミスタッチを先送りをしないで、即時に、やり直す。

  ★「ミスの先送り」は誤操作を容認することです。
   即座に「やり直し」て、打鍵手順の修正を心がけてください。
   より早く筆順を身につけることができます。
   なお、修正操作を簡単にできる「単文節変換」をお勧めします。
   「単文節変換」は、リズミカルな操作が可能です。

 本講座のかな文字の出現順は既に習った文字の復習をしながら、新しく習う文字の練習へと


段階的に学習できるように構成されています。

a

日本語の宿命

 欧米をはじめ「表音文字文化圏」では、
文字変換は必要ありませんが、
我が国のような「表意文字文化圏」では、
文字変換操作は欠かすことができません。
日本語の宿命なのです。

 表音文字の「かな」で表記し、この文字列を「漢字」交りの文章に変換する必要があるのです。この文字変換操作はキーボード上の「Spaceキー」で操作します。この「Space キー」は文字通り、「空白文字」を意味しますが、「変換機能」も備えた特殊のキーです。
 また、「Enter キー」の本来の機能は「改行」ですが、文字入力の完了機能を兼ね備えています。さらに、変換操作時には候補文字を「確定」する機能を果たします。


 それぞれの使用される、場面で、異なった「機能」を果たします。この二つのキーは文字キーと異なり、取り返しの効かない結果を引き起こす場合がありますので、確実な操作を身につけるようにして下さい。


注意
 アプリケーションソフトの中、「はい、いいえ」、または、「YES、NO」の意思決定を要求される場合があります。その際使用されるキーが「Enter キー」です。この意思決定時の操作には細心の注意を払って下さい。  

タイピング見出し

文字変換のコツをを覚えよう

リズミカル操作の遂次変換と
アルファベット文字の入力実践練習を
学習します。

リズミカル操作の遂次変換(単文節変換)では、


1。かな文字列の入力
2。Spaceキーの打鍵で候補文字列を表示。

   目的の候補文字(アンダーライン付き文字列)が表示されたら、続きの文字列を入力すると、
  アンダーライン付きの候補文字列は自動的に確定され、アンダーラインが消えます。
  操作1と2のリズミカルな繰り返し操作です。
  次に入力する単文節がない場合は、

3。Enterキーの打鍵で候補文字列を確定。

 変換ソフトには学習機能が付加されていますので、一度使用した用字は、次回の変換時の第一候補として表示されます。このために、遂次変換(単文節変換)では、一回の変換操作で、目的の候補文字が表示されることが多いのです。その結果、「入力」と「変換」のリズミカルな操作が可能となり、思考の中断が少ないことが最大の特徴です。


ミスタッチは即座に訂正 しよう

入力操作中は常にモニターを見ながら、
ミスタッチがあった場合は、
素早く「Delete キー」を押し、
誤字を消去し、
再度、かな文字の一連の手順に従って、
再入力してください。

 テレビ画面等のテレップで時々見かけますが、タイピングでは誤字、当て字が多いのです。リズミカルな操作の最大の欠点は、慣れが禍し、これら、誤字や当て字を見過ごすことです。当て字の問題はタイピングには直接関係がないのですが、一旦見、過ごした誤字、脱字については、 不思議なことに、本人はなかなか気付かないものです。くれぐれも気をつけたい事項です。


「あ」の表題画面
「あ」の課題画面
区切り罫線
「あ」のヒント画面
「い」の表題画面
漢字変換「い」の課題画面
区切り罫線
「い」のヒント画面
「う」の表題
漢字変換「う」の課題
区切り罫線
「う」のヒント画面
「え」の表題
漢字変換「え」の課題
区切り罫線
「え」のヒント画面
「お」の表題
漢字変換「お」の課題
区切り罫線
「お」のヒント画面
「や行」の表題
漢字変換「や行」の課題
区切り罫線
「や行」のヒント画面
「句読点」の表題
漢字変換「句読点」の課題
区切り罫線
「句読点」のヒント画面
「か行」の表題
漢字変換「か行」の課題
区切り罫線
「か行」のヒント画面
「が行」の表題
漢字変換「が行」の課題
区切り罫線
「が行」のヒント画面
「さ行」の表題
漢字変換「さ行」の課題
区切り罫線
「さ行」のヒント画面
「ざ行」の表題
漢字変換「ざ行」の課題
区切り罫線
「ざ行」のヒント画面
「た行」の表題
漢字変換「た行」の課題
区切り罫線
「た行」のヒント画面
「だ行」の表題
漢字変換「だ行」の課題
区切り罫線
「だ行」のヒント画面
「な行」の表題
漢字変換「な行」の課題
区切り罫線
「な行」のヒント画面
「発音「ん 」」の表題
漢字変換「発音「ん 」」の課題
区切り罫線
「発音「ん 」」のヒント画面
「は行」の表題
漢字変換「は行」の課題
区切り罫線
「は行」のヒント画面
「ば行」の表題
漢字変換「ば行」の課題
区切り罫線
「ば行」のヒント画面
「ぱ行」の表題
漢字変換「ぱ行」の課題
区切り罫線
「ぱ行」のヒント画面
「ま行」の表題
漢字変換「ま行」の課題
区切り罫線
「ま行」のヒント画面
「ら行」の表題
漢字変換「ら行」の課題
区切り罫線
「ら行」のヒント画面
「ら行」の表題
漢字変換「ら行」の課題
区切り罫線
「ら行」のヒント画面
「わ行」の表題
漢字変換「わ行」の課題
区切り罫線
「わ行」のヒント画面
「「し、しゃ」」の表題
漢字変換「「し、しゃ」」の課題
区切り罫線
「「し、しゃ」」のヒント画面
「「じ、じゃ」」の表題
漢字変換「「じ、じゃ」」の課題
区切り罫線
「「じ、じゃ」」のヒント画面
「「ち、ちゃ」」の表題
漢字変換「「ち、ちゃ」」の課題
区切り罫線
「「ち、ちゃ」」のヒント画面
「「つ」」の表題
漢字変換「「つ」」の課題
区切り罫線
「「つ」」のヒント画面
「「ふ」」の表題
漢字変換「「ふ」」の課題
区切り罫線
「「ふ」」のヒント画面
「「か行促音」」の表題
漢字変換「「か行促音」」の課題
区切り罫線
「「か行促音」」のヒント画面
「「さ行促音」」の表題
漢字変換「「さ行促音」」の課題
区切り罫線
「「さ行促音」」のヒント画面
「「た行促音」」の表題
漢字変換「「た行促音」」の課題
区切り罫線
「「た行促音」」のヒント画面
「「ぱ行促音」」の表題
漢字変換「「ぱ行促音」」の課題
区切り罫線
「「ぱ行促音」」のヒント画面
「特殊文字「ヶ」」の表題
漢字変換「特殊文字「ヶ」」の課題
区切り罫線
「特殊文字「ヶ」」のヒント画面
「特殊文字「ヶ」」の表題
漢字変換「特殊文字「ヶ」」の課題
区切り罫線
「特殊文字「ヶ」」のヒント画面
「外来語「グァ」」の表題
漢字変換「外来語「グァ」」の課題
区切り罫線
「外来語「グァ」」のヒント画面
「外来語「ツァ」」の表題
漢字変換「外来語「ツァ」」の課題
区切り罫線
「外来語「ツァ」」のヒント画面
「外来語「ティ」」の表題
漢字変換「外来語「ティ」」の課題
区切り罫線
「外来語「ティ」」のヒント画面
「外来語「ディ」」の表題
漢字変換「外来語「ディ」」の課題
区切り罫線
「外来語「ディ」」のヒント画面
「外来語「ファ」」の表題
漢字変換「外来語「ファ」」の課題
区切り罫線
「外来語「ファ」」のヒント画面
「外来語「ヴァ」」の表題
漢字変換「外来語「ヴァ」」の課題
区切り罫線
「外来語「ヴァ」」のヒント画面
「外来語「ウィ」」の表題
漢字変換「外来語「ウィ」」の課題
区切り罫線
「外来語「ウィ」」のヒント画面
「外来語「ウィwh」」の表題
漢字変換「外来語「ウィwh」」の課題
区切り罫線
「外来語「ウィwh」」のヒント画面
「外来語「クォ」」の表題
漢字変換「外来語「クォ」」の課題
区切り罫線
「外来語「クォ」」のヒント画面
「アルファベット」の表題
漢字変換「アルファベット」の課題
区切り罫線
「アルファベット」のヒント画面

 

最適化への試み

 タイピング速度についてはどのような指運法でも必ず限界があります。この限界を乗り切ることを「最適化」と云っています。基礎的な操作を習得せずに「最適化」を試みる方法も有りますが、成功することは稀で、多くの場合は徒労に終わってしまいます。
 しかし、基礎的な操作を十分に習得した後での「最適化」は、さらなる入力速度の向上が期待できます。すなわち、基礎的な操作を十分に習得した後では、打鍵後、ホームポジションに戻る事なしに次に文字を打鍵することも可能な状態となっています。また、このように一旦ホームポジションを離れることがあって も、次の瞬間には、無意識の内にホームポジションをキープした状態になっています。言い換えれば、最早、 ホームポジションの概念を取り払っても、その人の手の骨格に最適な指運が存在しますので、その方法を探求することにより、入力速度は大幅に向上します。 タッチタイピングに習熟している方は他人には真似のできない、その人固有の操作方法を必ず身に付けています。基礎的な操作を十分に習得しましたら、是非、「最適化」を試みて下さい

トップへ